死神とワルツ
君の泣いた顔が見たかった、ただそれだけ
一生ぶんの嘘を君に贈る
純粋な黒、黒に近い白
夜しか眠れない
見守っていた青い春
遊ぶには少し狭くて、嘆くには少し広すぎた
あの人の凍った瞳の先
楽園からの抜け道
道端に咲いていた花の犠牲
明日の見えない朝
勇者の仮面の存在
ゆるやかな絶望
あの子の涙の海
最後に笑っていたあの人の末路
眩しすぎてもう名前も呼べない
君の孤独は柔らかかった
闇の色を知らずに僕は嘘のなかで生きていた
月の後ろ姿
記憶の森
瓶に詰めた秘密
縋り付いた背中は震えていた気がする
終末。
神に祈る隙など与えてやるものか
僕に夜の意味を教えてくれないか
硝子の城
狂い猫
ワスレモノ取り扱い注意
今だけ僕のために生きておくれよ
生きるのにマニュアルはいらない
死に方に説明書はいらない
夜の約束事
カウントダウンのように呼吸
怯えた眼(まなこ)
空の泳ぎかたを知っているかい
命令ならば、お前に触ってやるというのに
残骸になる覚悟
華になる覚悟
光と闇、表と裏、男と女。それから、君と僕。
跪くなら誰でもよかった
やがて独りになるだろう、そのときまでに僕は地図を探そう(道標の君はいなくなるから)
その猫背に縋る僕は滑稽ですか
あの夜が追い掛けてくる
綺麗なままでいるのはいけませんか
溢れた涙が最後にたどり着く場所を僕は知らない
道連れにするつもりはありません
君の瞳はいつか僕を殺すだろう
縋ることさえ赦されず、ただ無知でいるしかない
生き様は僕が盗んでやった
透明な身体がほしい
「また明日」という誓い
綺麗事なら間に合ってる
生まれ変わったならその心臓をくださいね
残念、閉幕のようだ
余命10秒後
太陽になる夢を見た
僕の死に方は君が決めてね
いつかは永遠になる
太陽の匂い
星の呼吸
妖精の影を踏んでしまったようだ
君と365日のエトセトラ
邂逅宣言
月とかくれんぼ
白い切符
ひとり恋人ごっこ
ブリキの心臓
棘にくちづけ
ごみ箱の宝石たち
月のいのち
太陽のレシピ
愛染め教室
慈愛に満ちたナイフをかざして
跪くのは、これで最後
ひとりが平気なふりをするのはもうやめる
あなたは人の子だった
死神と少年
貴方が造花になった日
嘘泣きが上手になったら貴方は悲しそうに笑った
あの夜に臆したのか
影が消えた日
おばかさん
影と妖精
記憶ノート
哀れみと慈しみを込めて君に拍手を
期間限定神様
赤い糸で絞殺
空気人間
融解誘拐
見せかけのロマンス
ピエロは引退しました。
首無しが笑う
深淵に潜む魔物
壊れたふりがお上手
彼が許しても神は許してくれない
食べて仕舞おう
勇者降臨
嘘つきによろしく
もしもし、いきてる?
愛されたがりの末路


index