~2016
短い夜でした
曖昧に近すぎた
シュガーレス・ラブレス
逃亡済み
たそがれにて憂鬱
ダークエンドを待っていた
ブラックアウト・サイド
トラウマの隙間
怪物になりたいこども
甘ったるい懺悔
眠るうそつき
やさしく秘めたこわいこと
沈む爽やか
神々の首輪
かつて愛だった首輪
あなたに足りないものはない
君の声が聞こえる場所で
絡み合う指を辿る
海と空と人工
これはぼく
番になれない獣たち
さようならには足りないよ
魔女がそこに、
もう二度と恋にはならない
ちょっとだけ足りないのが愛しい
何処にいたって宙しか見えない
それはすこし切ないこと
星に貫かれたら夜はお終いよ
私の世界が完成した暁には
夜と朝の交わり
死と全と瞬きを繰り返す
やさしさとやさしいあの人の残酷
あれからの夜明けを待つばかり
貴女に相応しきはじまり
ひそりとわらう三日月
麗しき絶望のさま
やさしいことはぜんぶ
かわいいに平伏す
空腹に宝石
だめになっても知らないよ

夜を掻き分けて
たったひとつを残してく
溢れてはだめよ
私とあなた、貴方とわたしは
狂おしさは問わない
再生するいにしえ
鈍く光ろうとも
狂おしさに息ができない
静寂を写しとるのだ
光をなぞるものたち


~2015
愛じゃないこと
閉じてく
束縛と純白
無垢を恐れる
空の声
ひろいあつめた光のぶんだけ
空白は黒で塗り潰しなさい
心臓のいちばん脆いぶぶんで受けとめておくれ
あとは最後のさようならだけ
ラブレターソングを謡うよ
やさしさだけ数えていたい
なまえをよんで、わたしのおきにいり
「いつか」「きっと」愛せる「だろう」
ヒーロー、ぼくの名前はね
悪も正義も雁字搦めにしてさあ!
前世で覚めたら
愛せたのは偽り
願わくば独りきり
輪郭は朧
永久はいらない、唯一の一瞬が欲しい
夜と朝の狭間に置いてかれる
やさしいまやかし
初恋に似ている
壊れたハートは何処で蘇る
恋であってたまるか!


index