~2016
死と全と瞬きを繰り返す
やさしさとやさしいあの人の残酷
あれからの夜明けを待つばかり
貴女に相応しきはじまり
ひそりとわらう三日月
麗しき絶望のさま
やさしいことはぜんぶ
かわいいに平伏す
空腹に宝石
だめになっても知らないよ

夜を掻き分けて
たったひとつを残してく
溢れてはだめよ
私とあなた、貴方とわたしは
狂おしさは問わない
再生するいにしえ
鈍く光ろうとも
狂おしさに息ができない
静寂を写しとるのだ
光をなぞるものたち


~2015
愛じゃないこと
閉じてく
束縛と純白
無垢を恐れる
空の声
ひろいあつめた光のぶんだけ
空白は黒で塗り潰しなさい
心臓のいちばん脆いぶぶんで受けとめておくれ
あとは最後のさようならだけ
ラブレターソングを謡うよ
やさしさだけ数えていたい
なまえをよんで、わたしのおきにいり
「いつか」「きっと」愛せる「だろう」
ヒーロー、ぼくの名前はね
悪も正義も雁字搦めにしてさあ!
前世で覚めたら
愛せたのは偽り
願わくば独りきり
輪郭は朧
永久はいらない、唯一の一瞬が欲しい
夜と朝の狭間に置いてかれる
やさしいまやかし
初恋に似ている
壊れたハートは何処で蘇る
恋であってたまるか!


index